「私は引くけど、あなたはどうする?」

引かない選択肢が無いと思います、ミサキさん。こんばんはおーむです。

雪が溶けたと思ったら猛吹雪、かと思えば気温が上がって道路が湖状態な北海道は本当に試されてると思います。

関東では20°超えてるとか。暑いの嫌なんでそれも困りますけどね。


毎日のミク更新がつまらなくて仕方がないです。効果も互換ばかりなのでコメントが特にないってのもありますけども。
あと2週間ずっとミクなのかなぁ・・・。つまんない。

今日も特にネタがないので思ったことをつらつらと。



手札について。

28点食らったら負けなWSと言うゲームの性質上、1点食らって手札を2枚増やすと言うクロックドローは終盤になればなるほどリスキーとなります。
もちろんクロックすること自体が戦略に関わる場面もあるわけですが。

自分はレベル2になってからは極力クロックをしたくないと思いながらプレイをしています。
思っているだけで実際クロックする場面は多々ありますが。

レベル3以降はクロックしても3-0まで戻せる手札である時や、盤面を展開できるだけの手札が無い時、返しがなくCX引いて決めに行くしかないと言う時以外はほとんどクロックはしません。
だって、3-1でターンを渡すのと3-0で渡すのでは天と地以上の差があるんですもの。


これは以前実際にあった事ですが、こちらかなり劣勢の場面、盤面が割と整っている状態で3-1の相手がクロックし、回復を1回のみで殴ってきました。
その時点でストックは2以上あったので、回復引こうと思ってクロックしたのかはわかりませんが結局そのアタックではこちらを削りきれず、返しになんとか3-3-3を作りアタックしたら6点通り勝ちました。

その時の相手の一言が「素通りとか無理だわー」と言う感じだったのですが正直違うと思います。

しなくてもいいクロックをしてワンチャン与えてしまっている以上、最善を尽くしていないわけですから、その時点でプレイミス。
負けるべくして負けているわけですね。
3-3-3が1キャンでいいのか、2キャンしなければいけないのかの違いは凄まじいものです。


クロックしない事が正解だとは結果論なので言いませんが、ゲームが終わった際の手札は0枚でいいと考えれば、アタッカーが場にいるのに打点をもらってまで引く理由が見当たらないのも事実。
もちろん詰めシナジーの為にCX引きにいったとかであればアリだとは思います。

最近は、いたキスやアスナ等のソウルパンプ、理不尽の発砲などで3-0からでも普通に死ぬ環境なので、そういう部分を少し気にするだけで大分変わってくるかと思います。


何が言いたいのかと言うと、レベル2以降は最終盤面に必要な最低の手札数を考えながらプレイすると勝率が変わってくるかもしれないと言う事です。

クロックする時って「何を引きたいから」ではなく「手札が欲しいから」と考えている場合が多いと思いますが、先程も述べましたが、「ゲーム終了時に手札が0である事」が理想なわけでその時点で手札があるということはその手札は無駄な訳です。極論ですけどね。

つまり1枚以上余っていれば1点無駄にもらっている可能性が高い。
その無駄を省くことが出来れば打点レースでも優位に立てるんじゃないでしょうか。


大体一回のゲームで5~8ターン回ってくると考えれば、毎ターンクロックドローすることでレベル1分の打点は自分で喰らってるってことなんですよね。


・・・ちょっとクロックする気なくなりませんか?(笑)

と、先日の旅行の帰りにクロックについて少し話にあがったのでネタにしてみました。


それでは~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3-0と3-1の違いは確かに大きいですね、クロックが如何に試合を左右しているのかがわかります。自分がレベル2以降でクロックに置くか一番迷うときが2-6でクロックすればレベル3になるときなのですがこの場合はクロックした方が良いんですかね?割とヴァイスではよくあるのでいつも迷うのですが...
いつも試合終了時の手札を0にしようとしているのでがなかなか上手くいくことが少ないですorz
そういう意味ではABが一番楽ですかね、理不尽1枚とチャンプキャラがあればよくて手札アンコールで微調整が効くのでw
初コメなので差し障る部分があると思います。ですが最近気になってた話題だったのでつい...長文失礼しました!

Re: No title

小田急民さん
コメントありがとうございます。小田急と言えばあの小田急線でしょうか?(笑)

2-6でクロックするか否かは完全にその状況次第ですね。
手札に回復のないレベル3キャラ(理不尽やエリー等のソウル-1持ち等)がいるならノータイムでクロックしますし、相手に上がりされてソウル-1キャラを立てられていた場合もクロックしてCXを引きに行きます。
また相手に先上がりされている状況であれば、CX撃って一気に打点ゲーをしたいのでクロックをします。
盤面が1面以上残っていて他に展開出来るキャラが手札にあり、シナジー等を必ずしも撃つ必要のない場面ではクロックしません。
記事でも述べていますが、レベル2以降のクロック1差は生死を分けますのでクロックする意味を明確に見いだせない場合はしません。
こんな感じでしょうか。
ABはゆりか最悪多生を握っていればなんとかなるので、そういう意味ではかなりシビアな手札選択ができる部分がすごく強いですよね。
ゆりさえ握っていればどれだけ劣勢でも3-0から7点通せる場合もあるので、決めに行く時は大体手札はゼロになります(笑)
質問に答えられているかはわかりませんが、また思うことがあればコメントいただければ幸いです!
プロフィール

@おーむ@

Author:@おーむ@
名前:おーむ
生息地:東京都

前線からは退きカジュアル勢としてWSを楽しんでます。
が、ここからはD.Cのターンだぜ!

主な戦績(WS)
2011 BCF札幌 エヴァンゲリオンタイトルカップ 優勝
2012 WGP大阪 トリオサバイバル 優勝 個人6-1 使用:まどか
2013 BCF仙台 D.Cタイトルカップ 優勝 使用:姫乃
2013 BCF札幌 ジャパンカップ 4位 使用:DC姫乃
2013 WGP仙台 トリオサバイバル 3位 個人6-1 使用:DC姫乃
2013 WGP大阪 トリオサバイバル 2位 個人6-2 使用:DC姫乃

スカイプでも対戦してます。
ID:sano190

Twitterやってます。
特に有益なことは呟きませんが、情報交換など出来ればと思います!
TwitterID:sano190

管理人に何かあればコメントか、下のメアドまでどうぞ!
oumu190@yahoo.co.jp
また、相互リンクも随時募集中です。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR