糸井放出から学ぶもの

絶賛ミス処理中のおーむですこんばんは。

自分のした事とは言え各所からのお叱りや嫌味はさすがに心が折れそうになりますね。

直属上司からなら全然いいんですけど、一通り言われた後に他部門(のトップ)からわかってることを嫌味ったらしく言われるのはさすがにイラっときました。
さらに何かにつけて

「経費が~」

「誰の責任だ~」

ニヤニヤしながら、そんなに自分がミスした事が楽しいんでしょうか。

てか今はそんな事言ってる場合じゃないでしょう・・・。やらかした本人なので絶対言えませんが。


はぁ、すいません愚痴でした。

今日は日本ハムの糸井選手の電撃トレードについて書こうと思います(何


本日、日本ハムファイターズとオリックスで

糸井、八木⇔大引、赤田、木佐貫

と言う電撃トレードが発表されました。日本ハムの主力中の主力の糸井選手を放出というファンにとっては衝撃の内容でした。

見たときは意味わからん!と思いましたが冷静に考えると糸井は

・高年俸が確定(2億以上)
・契約未更改(上記金額で契約拒否)
・今シーズン後にメジャー挑戦を表明

と言う要素があります。

つまり、ハムにとっては仮に1年契約しても2億以上の金が1年でかかる上に1年後にはほぼ確実に球団を去り、
ポスティングシステムなのでメジャー球団が低い金額で落札するとたいした金額が球団に入ってこない。
ダルビッシュの様に明らかに高評価と言う訳ではなく、最近の実績で日本人野手の人気は高くなく、安く入札される可能性が非常に高い。

契約しても「球団的には」メリットがあまりないわけですね。

来年にはいなくなり、その見返りも少ない事が見込めるのであれば、今必要としている部分の穴埋めの為に選手を獲る方向を選んだわけです。
高年齢の金子誠の穴埋めの為の大引、糸井のポジションを守れる赤田、ローテーションを安定して守れる木佐貫、といった具合に。

言われてみれば、中長期的に見てハムにはメリットのあるトレードだと言えるでしょう。あくまで球団的には。

ファンからしてみたらふざけんなですけど。活躍して、チーム優勝に導いて人気があっても年俸が高くなったらさようなら。こうも取れるわけですし。



話を戻して。
ここから学ぶ事は、今の価値とこれから先の価値を考えて物事を判断するべきと言うこと。


来年度以降追加も見込めず、今後価値が下がる一方でこの先売ってもそこまで価値が出ない事が見込めるのであれば、今必要としているDCやヴァンガの為に資金を得る方向を選んだ方が良いのではないか。



つまり



シャナフルサイン売っちゃおうかなぁ・・・・。




と言う話でした。では(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@おーむ@

Author:@おーむ@
名前:おーむ
生息地:東京都

前線からは退きカジュアル勢としてWSを楽しんでます。
が、ここからはD.Cのターンだぜ!

主な戦績(WS)
2011 BCF札幌 エヴァンゲリオンタイトルカップ 優勝
2012 WGP大阪 トリオサバイバル 優勝 個人6-1 使用:まどか
2013 BCF仙台 D.Cタイトルカップ 優勝 使用:姫乃
2013 BCF札幌 ジャパンカップ 4位 使用:DC姫乃
2013 WGP仙台 トリオサバイバル 3位 個人6-1 使用:DC姫乃
2013 WGP大阪 トリオサバイバル 2位 個人6-2 使用:DC姫乃


Twitterやってます。
特に有益なことは呟きませんが、情報交換など出来ればと思います!
TwitterID:oumu190

管理人に何かあればコメントか、下のメアドまでどうぞ!
oumu190@yahoo.co.jp
また、相互リンクも随時募集中です。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR